blogsam

パワー×体を思い通りに動かす力=打率アップ

1,159 views


プロ野球選手がネクストバッターズサークルでバットに重りをつけてスイングしているのをよく目にしませんか?人は物理的な負荷から解放されると軽くなった!速く動かせるようになった!と感じます。
しかし、それは感覚的なものであり、実際の速度が変わっているかというとそうでもありません。重いバットを振ることはスイングスピードの低下にもつながるとさえも言われています。

ただ “スイングをする”という動作の中で負荷をかけることでスイングに必要な力(※ここでの力は筋力だけでなく体の使い方も)は確実に身についていきます。言い換えると自分の思った通りにスイング動作ができるということです。

プロ野球選手がネクストバッターズサークルで重いバットを振るのはスイングスピードを上げるためではなく、実際の打席で自分の思い通りにスイングをするための準備なのではないでしょうか?この思い通りにスイングをする練習を普段から行うことで、よりバッティングの技術が身についていくのではないでしょうか。
しかし、ただやみくもに重いバットを振っていても腕の力に頼ったスイングになってしまう可能性もあります。

そこでオススメの練習が「負荷ティー」です。
身体の様々な部位に負荷をかけながら実際に打撃練習を行う。これが“負荷ティー”です。
某有名プロ選手は通常のティーバッティングに加えて様々な位置からトスをしてもらい打ち続けた結果、シーズンを通して結果を残しました。これも一種の“負荷ティー”ですね。

プロ野球選手も様々なバリエーションを加えて実戦している“負荷ティー”を実践してみてはいかがでしょうか。
特にスポンジのように刺激を吸収する学童選手にはオススメの練習です!

負荷ティ―セット

人気商品の特別セット『負荷ティ―セット』

“負荷ティー”を実践できるラインナップを取り揃えました!
こちらもチェックしてみてください!!


負荷ティ―セット一覧はこちら←


返信する*がついているフォームは必須項目になります。)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*

メールアドレス*

ウェブサイト

CAPTCHA