fkam1000-2

『チームに1台』・『個人に1台』の時代到来!

13,205 views

いつもフィールドフォースのマシンや用具をお使いいただき、ありがとうございます!
今回ご紹介させていただくのは、いよいよ発売になる小型アーム式ピッチングマシン、FKAM-1000です!


小型アーム式ピッチングマシン
FKAM-1000小型アーム式ピッチングマシン

先に価格を言いましょう。
税別で40万円です。
……いかがでしょう。「高い!」と思われましたか?
いままでご紹介してきた、フィールドフォースの練習器具に比べると、ひとケタ高価な商品です。
そうです。これこそ、当社が満を持して発売する、本格的なピッチングマシンなんです。
メインのユーザー層は学童・少年、中学硬式野球のチームと考えています。

満を持して、と言いました。フィールドフォースにとっては、悲願のリリースなんです。
東京・足立区で当社が展開する室内練習場・ボールパークには、通常サイズのアーム式ピッチングマシンがあり、レーン貸しのお客様やチームでご利用の皆様のバッティング練習にと日々フル稼働しています。


ボールパークでフル稼働している通常サイズのアーム式ピッチングマシン
室内練習場でフル稼働している通常サイズのアーム式ピッチングマシン

この機械は当社が1から開発したピッチングマシンですが、当初からのこだわりは「アーム式」であること、です。ピッチングマシンは大きく「アーム式」と「ドラム式(ローター式、ウィール式)」に分けられますが、ふたつの回転するドラムからボールが飛び出す仕掛けのドラム式に比べ、投手の「腕」に近いアームが「上投げ」でボールをリリースするアーム式は、打撃時のタイミングのコツをつかむ意味でアドバンテージがあります(ドラム式にも球速を上げやすいなどのメリットがあります)。
毎日、メンテナンスを受けながら、ボールパークで酷使されている自社製ピッチングマシンの動作データや故障履歴の積み重ねもフィードバックしながら、長期の開発期間を経て、今回、いよいよマシンの量産に踏み切ったというわけなんです。


アーム式
タイミングがとりやすく、実戦に近い『アーム式』


全自動ボール供給システム
硬式/軟式ボールが最大150球入る『全自動ボール供給システム』を搭載

さて、新登場のFKAM-1000ですが、これまでボールパークで稼働してきたマシンそのものではなく、そのノウハウを凝縮し、部品ひとつから新たに開発しました。
一番の変更点はサイズ。学童・少年、中学硬式野球の練習にピッタリの仕様にサイズダウンしたのです。


通常サイズのピッチングマシンとの比較
通常サイズのピッチングマシンとの比較

高さ約120cm、重さ約87kgと、大人が2人いれば容易に移動、セッティングができ、部品を外したりすることなく、そのまま使える状態で、ワゴン車に積み込むことができるサイズとしました。


ワゴン車に積むことができる超コンパクトサイズ
ワゴン車に積むことができる超コンパクトサイズ

硬式球・軟式球に対応し、球速は70~110kmk/h。大人用では110~140km/hあたりが一般的なマシンの球速になりますから、もの足りなく感じるかもしれませんが、実はそればかりでもないんです。スピードボールについては、マシンの設置位置を近くすることで、ある程度、対応できてしまいます。
重視したいのは、むしろ低速時のコントロールです。
一般的に、マシンの投じる球は速度が遅くなるほど、コントロールが不安定になってきます。これを考えると、学童・少年、中学硬式野球の練習においては、この70~110km/hのスピードは絶妙のスピード感になります。


使用イメージ
【使用イメージ】



使用イメージ
【使用イメージ2】



使用イメージ
【使用イメージ3】

機械上部のバケットには、硬式/軟式球が150球ほど入りますから、満タンまでボールを入れたら、あとはボールがなくなるまで、バッティングに集中することができます。


硬式/軟式球が150球
最大150球以上の連続発射が可能

というわけで、FKAM-1000は学童・少年、中学硬式野球にカスタマイズした、
こだわりの本格小型アーム式ピッチングマシンが誕生したのです。

冒頭にお伝えした40万円という価格、確かにフィールドフォースが取り扱う機器の中でも高価ですが、この本格仕様を考えれば、十分にリーズナブルといえるのではないでしょうか? 一般的な大人用のマシンには、一台100万円を超えるものも珍しくありませんから、控えめに見積もっても半額程度の予算で済むかと思います。部品ひとつから、すべて自社工場でつくり出しているからこそ、実現できた価格設定です。
そしてなにより、この値段にこだわったのは、これまで高嶺の花(?)であったピッチングマシンを、
一般的な学童・少年、中学硬式チームでも、「チームに1台」の練習器具として導入可能なものにしたい
--という思いからです(もちろん、個人でのお買い上げも大歓迎ですよ!)。

新発売のFKAM-1000ですが、すでに“フライングゲット”いただいたお客様がおります。
さきの高円宮賜杯全日本学童野球大会マクドナルド・トーナメントで悲願の日本一に輝いた、
滋賀県の多賀少年野球クラブさんです。


多賀少年野球クラブ
滋賀県『多賀少年野球クラブ』

大会協賛などを通じて、以前からフィールドフォースとお付き合いをいただいている多賀さんですが、チームOBで東北楽天ゴールデンイーグルスのエース・則本昂大投手から、全国制覇記念にと寄付の申し出があり、多賀・辻監督から、このマシンをご指定いただいたというわけです。


多賀少年野球クラブ
東北楽天ゴールデンイーグルス・則本昂大投手から寄贈されたネーム入りマシン

記念のネームが印字された1号機と2号機は、早くも来年の全国大会V2に向けて始動している、多賀少年野球クラブさんの練習でフル稼働しています。

みなさまも“チームに一台”、FKAM-1000の導入をいかがでしょうか。
フィールドフォース製品で「効率的」かつ「効果的」な練習を!

※追記しました↓

小型アーム式ピッチングマシンの詳細ページはこちら


小型アーム式ピッチングマシンの詳細ページはこちら

小型アーム式ピッチングマシンの発売から半年が経過しました。
おかげさまで大好評をいただいており、
毎月の生産分は完売続きです!

導入例
個人宅からチームまで数多くのお客様にお使いいただいています

導入はチームのお客様だけでなく、個人宅への納入が多いのも特徴です。まさに『個人に1台』の時代が到来しつつあります。
“平日練習やろうぜ!!”とスローガンを掲げる弊社として自宅練習の充実化をお手伝いできることは非常に光栄なことです!
個人のお客様でも安心してご購入いただける一つの要因は

(ご相談・在庫確認)

ご注文

お客様のご希望の日時/場所に納品

使用方法やメンテナンス方法のレクチャー

アフターサービス/ケア

この一連の流れを同じスタッフが統一して行うことです。
非常に大きな買い物のため、お客様に不安もあると思います。そこで他社に任せず自分たちの足で納品に伺うことが、お客様と信頼関係を築く第1歩と考えております。また、自分たちでマシンの移動も行うため、送料の請求を一切行っていないことも喜ばれております。
ピッチングマシンとともに安心をお届けできていれば幸いです!

こんな使い方も

納品後の様子を伺うなかで非常に印象的だったのが、この小型アーム式ピッチングマシンをバッティングだけでなく、守備練習にも活用していただいていたことです。

選手たちはピッチングマシンを文句1つ言わずノックを打ち続けてくれる「緑のコーチ」と呼んでいるようです(笑)
マシンの角度を変えることでゴロやフライを発射することも可能なため、グラウンドでの使用の場合は守備練習にご活用いただくこともできるんです!

ゴロ捕球使用例

マシンの角度を変えればゴロの発射も可能

そんな一石二鳥な小型アーム式ピッチングマシン、是非チームに1台、
ご家庭へ1台の導入をご検討ください!

小型アーム式ピッチングマシンの詳細ページはこちら


小型アーム式ピッチングマシンの詳細ページはこちら

返信する*がついているフォームは必須項目になります。)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名前*

メールアドレス*

ウェブサイト

CAPTCHA